写真やビデオの撮影に関しては、非常に厳しいポリシーに従うカジノが数多くあります。カジノから許可を得ずに写真を撮ることは無礼に当たると一般的に考えられています。写真は経験を思い出すための最良の方法の1つです。しかし撮影ボタンを押すことで、カジノのセキュリティとの間に問題が起きる可能性があります。ここではカジノ内で写真やビデオを撮るのに役立ついくつかのヒントをご紹介します。

 

できるだけ小さなカメラを使用する

施設の大きさに関係なく、誰にもカメラに気づかれないようにする上で重要なポイントの1つです。スマートフォンのカメラの方が、注目を集める大きな一眼レフカメラよりも目に付かない傾向があります。カジノのセキュリティは、美しい写真を撮るのに適したプロ品質の機器を探しています。

最小のカメラ

ビデオは止めましょう

小さいカメラが望ましいですが、それでも問題があります。静止画は問題にならない場合でも、ビデオを撮っているとカメラや携帯が没収される可能性があります。運を当てにせず、できるだけスナップショット撮るだけにして、パン撮りをしないようにしてください。

 

フラッシュをオフに

フラッシュを使うと、ルール違反で逮捕される可能性がとても大きくなります。写真を撮る前に自動フラッシュをオフにして、夜を楽しみましょう。また数枚の写真を撮るようにしてください。これはカメラを動かさずにモーションブラーを回避するためです。

 

三脚を使用しない

三脚はカジノでは絶対に禁止されています。ほとんどのカジノでは写真を撮ることを許可していないため、三脚を使うことは明らかなルール違反となります。また三脚の脚がカジノで良く見られる酔っぱらいや気の散った人にとって危険をもたらす可能性があるなど、その他の理由もあります。三脚はまたプロのポルノを撮っているのではないかと思われ、その場を離れるように言われる可能性もあります。

 

すばやく撮影し、移動を続ける

誰も見ていないときに写真を撮るのは簡単です。しかしセキュリティによって静止されて質問されるとリスクを伴う可能性があります。一度目の撮影でうまく行くように十分に計画してください。また従業員に止められずに公然と写真を撮れる場所ではないことを理解しておいてください。

移動を続ける

分からない振りをする

これは、写真撮影成功の鍵となる1つの戦略です。正しい回答を用意しておくことを覚えておいてください。スタッフが声を掛けて写真撮影を止めようとする場合があります。そのようなルールがあることを知らなかった振りをして、無事にその状況を抜け出すことが重要です。