• カジノの床で写真を撮る

    カジノで写真を撮る秘訣の1つは、気づかれないようにすることです

    カジノのセキュリティは、「プロ品質の機器」と見なされるものに目を光らせているため、可能な限りスマートフォンのカメラを使用してください。

    詳細を取得


乗り降り

天井から吊り下げられたカメラがあなたの動きを監視し、すべての警備員、ピットボス、ディーラーが同じことをしているようです。 最悪の場合、行動のルールを新参者に知らせるための標識、発表、ツアーガイドはありません。 ここでそれを行います。


ビデオではなく静止画を撮る

小さいカメラの方が大きいカメラよりも好ましいのと同じように、同じカメラで撮影した場合でも、静止画はビデオよりも問題が少なくなります。 運を押し付けないでください。 パンよりもスナップが目立ちにくい。

続きを読む

カジノのゲームエリア内にカメラを持ち込めないのはなぜですか?

フラッシュをオフにする

これは大きなです。 フラッシュを使うのは、叫び声を上げる巨大なネオンサインのようなものです。この人はルールに違反しています。 すぐにテイザーを使用してください。

三脚を使用しない

三脚と言えば、カジノでは絶対に禁止事項です。 これは、カジノの側で理にかなっている1つのルールです。 三脚の脚は、カジノ内のすべての光沢のあるものに酔ったり、気を取られたりする他のゲストにとって危険です。

すばやく作業し、動き続ける

慎重に数枚の写真を撮って先に進むのは簡単ですが、長引くと、セキュリティによって停止され、質問される危険性があります。 あなたがあなたの写真のためにどこにいる必要があるかを考えて、最初に正しく撮れるようにしてください。 これは写真撮影ではなく、時間がかかるほど、従業員や警備員に懲罰される可能性が高くなります。

静止画やビデオ画像は許可されていません。 そうは言っても、特にそれがはっきりしていなければ、おそらく1つか2つの簡単なスナップショットで済むでしょう。

俊雄  村瀬 - プレーヤーは言った

キャプチャを回避するための素晴らしい方法

  • ケージを撃たないで

    これらのヒントはカジノの99%に適用されますが、レジのケージに関してはすべての賭けはオフになっています。 ほとんどのカジノでは、セキュリティ上の懸念を写真撮影を禁止する言い訳として使用していますが、その理由は古く、見当違いです。

  • ゲストを撮影する

    前述のように、カジノでは写真が禁止されている理由としてセキュリティが挙げられますが、写真が嫌いな本当の理由は顧客のプライバシーに関連しています。

  • 写真フレンドリーなカジノ

    写真の禁止は普遍的ではなく、一部のカジノは写真を完全に歓迎しています。 写真がお客様のものでない限り、写真を撮ります。 ダウンタウンのフォークイーンズには、写真撮影を促す兆候があります。

  • 警備員

    カジノの従業員からアプローチを受けた場合は、常に礼儀正しく対応し、対話が対立しないようにしてください。 警備員は熱心すぎる傾向があり、緊張は急速に高まります。 もしそうなら、あなたは負けるでしょう、それでいいのです

可能な限り最小のカメラを使用する

カジノで写真を撮る秘訣の1つは、気づかれないようにすることです。 カメラが小さいほど良いです。 スマートフォンのカメラは混じりがちですが、より大きなデジタル一眼レフカメラは、不要な注意を引くことがあります。 カジノのセキュリティは、「プロ品質の機器」と見なされるものに目を光らせているため、可能な限りスマートフォンのカメラを使用してください。

私たちのブログから

カジノ

カジノ内で写真やビデオを撮っても構わないのか?

写真やビデオの撮影に関しては、非常に厳しいポリシーに従うカジノが数多くあります。カジノから許可を得ずに写真を撮ることは無礼に当たると一般的に考えられています。写真は経験を思い出すための最良の方法の1つです。しかし撮影ボタンを押すことで、カジノのセキュリティとの間に問題が起きる可能性があります。ここではカジノ内で写真やビデオを撮るのに役立ついくつかのヒントをご紹介します。

できるだけ小さなカメラを使用する

施設の大きさに関係なく、誰にもカメラに気づかれないようにする上で重要なポイントの1つです。スマートフォンのカメラの方が、注目を集める大きな一眼レフカメラよりも目に付かない傾向があります。カジノのセキュリティは、美しい写真を撮るのに適したプロ品質の機器を探しています。
最小のカメラ
ビデオは止めましょう

小さいカメラが望ましいですが、それでも問題があります。静止画は問題にならない場合でも、ビデオを撮っているとカメラや携帯が没収される可能性があります。運を当てにせず、できるだけスナップショット撮るだけにして、パン撮りをしないようにしてください。

フラッシュをオフに

フラッシュを使うと、ルール違反で逮捕される可能性がとても大きくなります。写真を撮る前に自動フラッシュをオフにして、夜を楽しみましょう。また数枚の写真を撮るようにしてください。これはカメラを動かさずにモーションブラーを回避するためです。

三脚を使用しない

三脚はカジノでは絶対に禁止されています。ほとんどのカジノでは写真を撮ることを許可していないため、三脚を使うことは明らかなルール違反となります。また三脚の脚がカジノで良く見られる酔っぱらいや気の散った人にとって危険をもたらす可能性があるなど、その他の理由もあります。三脚はまたプロのポルノを撮っているのではないかと思われ、その場を離れるように言われる可能性もあります。

すばやく撮影し、移動を続ける

誰も見ていないときに写真を撮るのは簡単です。しかしセキュリティによって静止されて質問されるとリスクを伴う可能性があります。一度目の撮影でうまく行くように十分に計画してください。また従業員に止められずに公然と写真を撮れる場所ではないことを理解しておいてください。

すばやく撮影し、移動を続ける

分からない振りをする

これは、写真撮影成功の鍵となる1つの戦略です。正しい回答を用意しておくことを覚えておいてください。スタッフが声を掛けて写真撮影を止めようとする場合があります。そのようなルールがあることを知らなかった振りをして、無事にその状況を抜け出すことが重要です。

Background

写真撮影

事前に写真を計画する

ゲームエリア

スロットマシンやクラップステーブルの周りなど

次に、誰かがあなたに去るように頼む前に、写真を撮ることができるチャンスがあります。

写真/ビデオを撮る